東京での暮らしを緑色にカスタマイズ

  • 0
  • 245
  • 1

再開発により盛り上がる、話題の二子玉川"Green"の魅力

屋上庭園/ビオトープ
2015.10.26
二子玉川駅

今やマダムだけの街じゃない!

2015年4月より、二子玉川に話題の新商業施設「二子玉川ライズ」がオープンし、様々なWEBサイトやメディアで取り上げられ、注目を集めましたね。

オシャレな街、二子玉川にオシャレなビルができ、さらにオシャレ度倍増な二子玉川ですが、また「みどり」の視点から見る二子玉川もこれまたオシャレなんですよ。

futakotamagawa_rise_view

ファッション、雑貨、家具家電を取り扱うオシャレなショップが軒並み立ち並び、映画館やホテル、オフィスまで併設された複合施設ですが、ここのGREENもまた素晴らしい空間が隠れているんです!

futakotamagawa_rise_cover

二子玉川駅を出て右へとライズを歩いて行くと、さっそくかわいらしい植物たちがお出迎え。

洗練された家電やインテリア、本や雑貨が揃う蔦谷家電が凄く気になりますが、せっかくなので外の気持ちいい風に当りましょう。屋上にはたくさんのみどりが待ち構えていますよ。

ビルの屋上にメダカの学校!?

「め〜だ〜か〜のがっこうは〜、か〜わ〜の〜なか〜♩」
誰でも聞いたことのあるフレーズですよね。童謡「メダカの学校」でおなじみの「メダカ」ですが、ライズの「メダカの学校」は屋上にあります。

こちらのビオトープでは、かつての多摩側周辺に生育した水辺の生きもの、小川や田んぼなどで普通に見られたメダカを放流しています。

futakotamagawa_rise_biotope_1

日本にはキタノメダカとミナミメダカの2種類がいるそうで、さらにミナミメダカは地域によって9つのグループに分類することができるそうです。同じ日本語でも、地域によって方言や訛りがあるようなイメージでしょうか。

futakotamagawa_rise_biotope_2

メダカに限らず、水辺の生きものは水質が悪くなると元気に生活することができません。
こちらのビオトープでは、生きものが特に敏感に反応する水温、pH値、塩素濃度を常に監視して水質の安定化を徹底しています。

futakotamagawa_rise_ph

学生時代にpHの読みをペーハーと教わった方も多いと思いますが、現在はピーエッチで統一されているんですよ。女性の方はペーハーではなくピーエッチと読んだ方が年齢を若く見られるかもしれませんね。

多摩川周辺の環境を屋上に再現!

さらに屋上へと階段を上がると、多摩側流域の多様な自然と文化を再現した「ルーフガーデン」の芝生広場が現れてきます。

futakotamagawa_rise_roofgarden_1

広々とした芝生広場では、子どもたちが元気に走り回っています♩

futakotamagawa_rise_turf

コウライシバが徐々に冬の姿へと移り変わってきていますね。

futakotamagawa_rise_tamagawa

ルーフガーデンでは、多摩川の上流から下流への環境を再現していて、ゴツゴツした石が並ぶ上流からコロコロした石が並ぶ下流への流れを忠実に表現しています。

futakotamagawa_rise_tamagawa_2

ルーフガーデン内の植物や石、流木などはすべて多摩側流域で育まれた素材でつくられているそうですよ。

futakotamagawa_rise_creak

多摩川の周辺では、国分寺崖線の影響から湧水ポイントが多くあります。こちらは日本庭園の技法である枯山水風に、湧水の流れを表現したのでしょうか。

またルーフガーデンより、多摩川全体の景色を眺めることもできます。

futakotamagawa_rise_tamagawa_view

晴れた日には富士山が見えるので、天気の良い日にベンチでのんびりするのもいいですね。

すでにみどりいっぱいのライズですが、ビオトープ、ルーフガーデンの他に菜園広場もあるんですよ。

futakotamagawa_rise_farm

菜園広場では多摩川流域の農耕文化を保全、継承するため、地域が育んできた野菜や果実を栽培できる場所になっています。
地元小学生による農業体験や、菜園広場での野菜を育てる楽しみ、収穫して食べる楽しみを通じて地域のコミュニティーを形成しているんですね。

まとめ

二子玉川ライズのみどり、いかがでしたか。ライズのみどりは「エコミュージアム」という思想に基づいていて、地域社会における「ひと」と「自然」のつながりを科学的に探求できる場所になっています。
子どもたちの未来のために多摩川周辺の環境を保全、展示、体験することで地域の発展を目指しているんですね。

futakotamagawa_rise_grass

ちょうど子どもの目線の高さ昆虫の標本の入った虫眼鏡が所々に設置してあります。こういう細かな仕掛けが好奇心旺盛な子どもを育てているのでしょうね。

Edited by UC

アクセスはこちら

  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket