東京での暮らしを緑色にカスタマイズ

  • 0
  • 245
  • 1

親子で楽しむ屋上庭園!歴史ある玉川高島屋の屋上で子どもと一緒にはしゃいじゃおう!

屋上庭園
2015.11.30
二子玉川

新旧楽しめる二子玉川のみどり

二子玉川駅東口は再開発が進み、「ライズ」など新たなランドマークが誕生し話題を集めていますが、やはり二子玉川の歴史をつくってきたマダム達がこよくなく愛すのは西口のほうではないでしょうか。

西口を出て一歩裏手の方へ回ると、商店街やこじんまりとしたカフェ、雑貨店が並び、東口とは一転した雰囲気を楽しむことができます。

そんな西口のなかでもハイブランドのショーウィンドが並ぶ「玉川高島屋」は特に、二子玉川マダムのイメージを牽引してきた存在でしょう。

そこで今回は、その二子玉川の歴史をつくってきたであろう「玉川高島屋」の屋上庭園を紹介したいと思います。

広々とした屋上庭園で、まずはゆっくりティータイム♩

玉川高島屋-芝生

こちらは屋上庭園の先駆けとして1969年に開園した歴史ある屋上庭園で、当時では珍しい技術を使用して植え込みの下に貯水タンクを設け、雨水を一時貯めてからゆっくりと排水するシステムを採用しています。

近年では、ゲリラ豪雨などで一気に雨水が流れ河川が増水する「都市型洪水」対策の一環として屋上庭園が注目を浴びているのですが、玉川高島屋では40年以上も前から積極的な環境対策が行われていたんですね。

玉川高島屋-1

さあ、玉川高島屋南館より屋上テラスに出てみましょう♩
広々としたテラスに、池に映る緑と青空のコントラストが綺麗です。

%e7%8e%89%e5%b7%9d%e9%ab%98%e5%b3%b6%e5%b1%8b-%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9

ベンチも多く設置されているので、コーヒーやお茶をゆっくり楽しむことができますね。

tamagawa_takashimaya_bench

ここなら軽食やお弁当も楽しめそうです。併設するカフェではコーヒーのほか、ビールもあるので、のんびりとアルコールを楽しむのも気持ちが良さそうですね♩

%e7%8e%89%e5%b7%9d%e9%ab%98%e5%b3%b6%e5%b1%8b-%e6%ad%a3%e9%9d%a2

レストランの窓際席は最高の眺めが楽しめそうです。

子どもを惹きつけるたくさんの仕掛け!

さて、南館から繋がる本館へ移動しましょう。
本館の屋上庭園は2014年にリニューアルされ、「キッズガーデン」のコンセプトに一新しました。

tamagawa_takashimaya_child

広々、青々とした芝生の丘の上で子どもたちが走り回ります。
親子で追いかけっこをするのもいいですね。

%e7%8e%89%e5%b7%9d%e9%ab%98%e5%b3%b6%e5%b1%8b-%e8%8a%9d%e7%94%9f%e4%bf%9d%e8%ad%b72

こちらの芝生は年中青々とした状態を保てるよう、夏用の芝生と冬用の芝生をうまく使い分ける「ウィンターオーバーシーディング」という技術を採用しています。。
最近ではサッカー場や野球場などスポーツの場で積極的にウィンターオーバーシーディングが採用されるようになりました。

tamagawa_takashimaya_herb

子ども達を惹きつける魅力は青々とした芝生だけではありません。
園内にはたくさんのハーブが香り、風に漂うハーブの香りに引き寄せられ、見て、触れて楽しめるようになっています。

tamagawa_takashimaya_rosemary

ローズマリーなど香りが強く、触るとアロマオイルの質感を感じられる植物も魅力的ですね。

%e7%8e%89%e5%b7%9d%e9%ab%98%e5%b3%b6%e5%b1%8b-%e6%9e%95%e6%9c%a8

適度にカーブした枕木の小道なんてあったら、かくれんぼしてる姿が浮かんできます♩

「もういいか〜い」「ま〜だだよ〜」、「もういいか〜い」「ま〜だだよ〜」、「もういいか〜い」「ま〜だだよ〜」。。。

子どもって一度ハマると懲りずに何度も続けちゃいますよね。

「おい、そろそろいいだろ。。」と、そろそろ腰を下ろしたいパパも心配無用!子どもを引き寄せる次のステージが待っていますよ。

%e7%8e%89%e5%b7%9d%e9%ab%98%e5%b3%b6%e5%b1%8b-%e5%a3%81%e6%b3%89

これもまた子どもが大好きな「水と滝」。水の流れる音に反応しちゃうのが子どもたち。
子どもに限らず、水の音には大人も癒されますよね。
水の流れる音にはイライラやストレスを軽減する効果があるそうですよ。

%e7%8e%89%e5%b7%9d%e9%ab%98%e5%b3%b6%e5%b1%8b-%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%82%ad

秋の七草ススキの仲間である、パンパスグラス。ふわふわした動物のしっぽのような姿も子どもを惹きつける要素のひとつかもしれませんね。

さあ、これからが大人の時間です

園内を走りまわり、遊びに遊んでそろそろ昼寝を始めるお子さんも出てくる時間。
日が落ちてくると園内はライトアアップされ、これまた違った雰囲気になりますよ。

tamagawa_takashimaya_light

アルコール類持ち込み禁止の屋上庭園も少なくないですが、こちらはカフェでアルコール類が販売されていますので、テラスやパラソルの下でゆっくり大人の時間を楽しむのもいいですね♩

%e7%8e%89%e5%b7%9d%e9%ab%98%e5%b3%b6%e5%b1%8b-%e3%83%86%e3%83%a9%e3%82%b9

もちろん、お子さんのお昼寝中にショッピングを楽しむこともできますね。

まとめ

玉川高島屋の屋上庭園、いかがでしたか。歴史ある屋上庭園なので初めてではない方も多いと思いますが、またひとつ違った視点で、子どもと一緒に出かけるのもいいかもしれませんね。

屋上コンサートや、屋上散策ツアーなどのイベントも企画しているようなので、親子のふれあいの場として活用してみてはいかがでしょうか。

Edited by UC

アクセスはこちら

玉川高島屋SC
〒158-8701 東京都世田谷区玉川3-17-1
お問い合わせ 03-3709-3111
 開園時間  10:00〜20:00
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket