東京での暮らしを緑色にカスタマイズ

  • 0
  • 243
  • 1

世田谷区が手がけた本格日本庭園、回遊式日本庭園を楽しもう!

日本庭園
2016.5.5
二子玉川駅

親子で楽しめる二子玉川公園

都市の再開発が進み、さらに発展を続ける二子玉川。高層ビルやマンションが立ち並び、ライズなど新しい施設も賑わっていますね。

お食事にショッピングにと、家族や子連れでお出かけする方も多いかと思いますが、天気の良い日には広々とした公園で走り回る子ども達の姿を見るのもいいですよね。

二子玉川駅からライズを抜けると現れてくるのが「二子玉川公園」です。みどり豊かな立地と子ども広場などが設置され、親子で楽しめる公園です。

二子玉川公園

日当たりもよく、天気の良い日には丹沢や富士山を望むこともできますよ。

二子玉川公園-広場

休日には親子連れはもちろん、カップルや気の合う仲間とピクニックを楽しむ姿も伺えます。

二子玉川公園-遊具

たくさんの子ども達が元気いっぱい遊びまわる姿も見ることができます。

二子玉川公園-運動広場

最近では親子でボール遊びを楽しめる場所って少なくなってきてるので、こういった広場は貴重ですよね。

kishinen-starbacks

公園内に設置されたスターバックス。屋根から植物が垂れ、なんだか周りの雰囲気と馴染んでいます。外のテラスは犬のリードを繋ぐことができるのでペットを連れた方も多く見られます。

kishinen-map

親子で、仲間といろいろな楽しみ方ができそうですね。

公園内に現る世田谷区が手がけた本格日本庭園

たくさんのスポットが楽しめる二子玉川公園ですが、なかでも見所は本格的回遊式庭園「帰真園」ではないでしょうか。

帰真園

帰真園という名の由来は、真実に帰るという意味で世田谷の風土や自然環境をモチーフに名付けられたそうです。

kishinen-shimizu

庭園内は池を中心に広々とした開放的な空間が広がり、庭園奥には世田谷区の有形文化財「旧清水家住宅書院」が。

kishinen-旧清水邸

世田谷地域の歴史と文化を伝承する建物として配置され、書院内を見学することもできますよ。

水辺の日本家屋、なんとも外国人が好みそうな組み合わせですね。

kishinen-lantern

日本庭園といえば、真っ先に何を思い受けべますか?灯篭を思い浮かべる人もいるのでしょうか。

灯篭といっても多種多様で、庭園によって個性の違った灯篭を見つけるのも面白いかもしれません。

kishinen-break

四阿も灯篭とならび日本庭園の重要な構成でしょうか。四阿も色々なタイプがありますよ。

kishinen-格子

また、日本庭園の伝統技術である「四つ目垣」も随所に設置されていますが、こちらは排水溝を四目垣風の目隠しで覆い、うまく周りと同調させています。

kishinen-滝

滝の打つ水の音も涼しげですね。滝の音を言葉で表現したいのですが、なかなかいい擬音語がみつかりません。。。

ピチャピチャでもなく、ドボドボでもなく。。。

kishinen-creek

せせらぎを流れる水の音は、サラサラという感じでよろしいでしょうか。

kishinen-riverbed

多摩川の中州を表現したのでしょうか。丸みを帯びた石が優しいですね。

kishinen-Iris

武蔵野の自然を再現した園内の植物は多種多様ですが、季節の花が咲いていましたよ。

kishinen-Azalea

まとめ

二子玉川公園と世田谷区立初の日本庭園「帰真園」いかがでしたか。子どもたちが元気に遊ぶなか、コーヒーを楽しんだり、また家族や友人とピクニックを楽しんだり、本格日本庭園を見学したりとそれぞれ違った楽しみ方ができそうですね。

また二子玉川地域はたくさんのスポットがあります。二子玉川ライズのルーフガーデンや、玉川高島屋の屋上庭園も魅力が満載ですので、併せてお楽しみくださいね。

Edited by UC

アクセス

二子玉川公園
開園時間(帰真園) : 午前9時~午後5時
〒158-0094 東京都世田谷区玉川1丁目16ー1
お問い合わせ 03(3700)2735 
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket