東京での暮らしを緑色にカスタマイズ

  • 0
  • 243
  • 1

豊島区役所の屋上に現れた小さな杜。「豊島の森」は東京を一望できる穴場スポット!

2016.8.10
池袋

生まれ変わった豊島区新庁舎

池袋駅東口から徒歩約10分。豊島区民なら誰もが訪れたことがある、もしくは今後お世話になる豊島区役所が新庁舎として新しくなり、また新庁舎の建設に税金を投入しない公民連携の好例として注目されています。

建物9階までが豊島区役所で、10階からはマンションとなっており、マンション一帯型庁舎となっているんですね。

世界に誇れる環境配慮型庁舎を目指し計画された事業は、かつての豊島区内に自生した植物、昆虫、鳥類など豊島区内の自然を再現した新庁舎の「豊島の森」、「グリーンテラス」などに再現され、子どもからお年寄りまで様々な人々で賑わっています。

豊島区役所ケヤキ

1階エントランス前のけやき広場では、木漏れ日が揺れる中、併設されたカフェで地域の人々が集い賑わっています。

地上10階に現れた「豊島の森」

庁舎10階にはかつての豊島区、池袋を再現した小さな杜「豊島の森」が整備されています。

豊島区役所芝生

豊島区は秩父山を水源とする荒川流域の一部であり、池袋や雑司が谷など水に纏わる地名が示すように、たくさんの湧水地や小河川があったそうで、もちろん豊島の森にも小川が再現されています。

豊島区役所クリーク

観察用の水槽やビオトープでは、荒川水系に生息する、ギンブナ、ドジョウなどを観察することができます。

TO

池や小川で遊ぶ小鳥や昆虫も観察することもでき、豊島区の小学生たちへ環境学習の場としての役割も担っているそうです。

豊島区はもともと荒川流域にあったこともあり、地形の高低差が少なく地上10階の豊島の森からは東京都心の眺望が綺麗に望めます。

豊島区役所眺望

スカイツリーに東京タワー、富士山まで見ることができますよ。

地上から都市を眺めると、みどりのある場所がポツンと浮かび上がってきますよね。地図とみどりの場所を照らし合せてみると意外な発見があったりして面白いかもしれませんね。

豊島区役所テラス

さらに、豊島の森から階段を下ると4、6、8階にはみどりの空間を観察、体験できるグリーンテラスが設けられています。ビオトープや小川が流れ、建物内は豊島区の議場があったりして、みどりの環境のなかで豊島区の政策が議論されているんですね。

WALL

植栽やみどりの壁は植物の力を使って、庁舎の熱環境をコントロールしているんですよ。

まとめ

豊島区新庁舎、豊島の森はいかがでしたでしょうか。豊島区民のみなさんはもちろん、みどりや都心の眺望目当てに庁舎を訪れるのも良いかもしれませんね。

近くにある
南池袋公園も合わさって、今後の池袋の緑と地域コミュニティーの発展が楽しみです。

Edited by UC

アクセスはこちら

としまエコミューゼタウン「豊島の森」

開園時間 : 4月から9月まで 午前9時~午後5時
     10月から3月まで 午前9時~午後4時

〒150-0001
東京都豊島区南池袋2-45
Tel 03-3981-1111 (8:00-19:00)

  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket